第33回エフエム岐阜番組審議会|エフエム岐阜について|FM GIFU[エフエム岐阜]

FM GIFU

エフエム岐阜について

第33回エフエム岐阜番組審議会

第33回エフエム岐阜番組審議会(議長・矢橋修太郎委員長)が、5月8日(月)ソフトピアセンタービル会議室で開かれた。
会社から「radiko等の変遷にも対応した放送局・番組作りにも取り組んでいく」と今後の取り組みについて説明があった。

今回の番組審議は、

番組名 「Morning café ”re-Birth”」
放送日時 4月1日・8日・15日・22日 午前7時50分~7時59分
番組ナビゲート  岐阜経済大学 竹内治彦
MC  平松亜希子
趣旨 岐阜経済大学キャンパス内にある架空のカフェ“re-Birth”に常連の岐阜経済大学 竹内教授が、毎回ゲストをつれ来店する設定。
ゲストのこだわりのドリンクを堪能しながら、朝のカフェ空間の雰囲気で、会話が進行。ゲストには2週にわたって登場いただき、経営の話も含め、その人物像を掘り下げていく。
番組審議会 出席委員
矢橋 修太郎 委員長 出席
土屋 照雄 副委員長 出席
広瀬 幹雄 委員 出席
地守 素子 委員 出席
車戸 美智子 委員 出席
篠田 善彦 委員 出席
陸田 いずみ 委員 出席

委員会では、各委員から、次のような要望と意見が出されました。