BLOG

GIFUコレ!情報局42

飛騨市 古川祭

GIFUコレ!情報局42


飛騨市 古川祭

4月19日(火)20日(水)開催

古川祭は、地域ごとに各組となって分かれており

毎年どこかの組が起し太鼓と屋台の当番を担当します。

Image title

3月の上旬に今年の古川祭にはの起し太鼓と屋台の当番を決める

抽籤祭が行われ今年の起し太鼓主事と屋台主事が決まりました。

この抽籤祭で主事が決まりますと古川祭の準備が本格的に始まります。

古川祭は飛騨市古川町にある気多若宮神社の例祭です。

古川祭は国の重要無形文化財にしてされている伝統神事です。

Image title

神社での神事と古式ゆかしい御神輿行列が中心となって、勇壮な起し太鼓と

絢爛豪華な祭屋台が2大祭事として加わり、

4月19日と20日の2日間盛大に行われます。

見所はたくさんあるのですがやはりなんといっても、起し太鼓です。

起し太鼓は、数百人のさらし姿の男たちが激しくぶつかり合う非常に勇壮な祭りです。

起し太鼓の中でも、出立祭から打ち出しにかけてが注目です。

Image title

出立祭は夜8時から古川町のまつり広場で行われ、

これから起し太鼓が始まるという高揚感で一気にボルテージが上がります。

また、地元の祝い唄である「若松様」の大合唱も聞いてください。

男たちの力強い歌声は、鳥肌が立ちます。

また起し太鼓が始まると町の辻々で付け太鼓と呼ばれる小太鼓を持った男たちが

町内の名誉をかけて大太鼓に突っ込みます。

大太鼓はそれを押し返し攻防戦が繰り広げられます。

Image title

そして翌日の20日は一転して飛騨の匠の技術が施された絢爛豪華な屋台が

曳き揃えられます。

この美しさは、情緒ある古川の町並みによく似合って起し太鼓とは違う迫力があります。

20日の屋台曳き揃えではからくりや子供歌舞伎、獅子舞などの奉納もあります。

そして、屋台曳揃えは、日中と夕方から夜にかけての2回あります。

夜に行われる夜祭は提灯を灯しながら曳行しますので日中とはまた違った屋台が楽しめます。

Image title

この古川祭は天下の奇祭として多くのメディアに取り上げられテレビや雑誌、

パンフレットで紹介されておりますが、先ほど話しました起し太鼓打ち出しでの

男達の祝い唄の大合唱であったり、

大太鼓の根深い音といったような古川祭の魅力は、写真だけでは伝わらない、

言葉に説明できないものがございます。

是非、実際見ていただいてそれを感じていただけたらと思います。

詳しくは、飛騨市Hpを、ご覧ください。


< 一覧へ戻る