BLOG

FC岐阜 Road to Dream

2016.11.26

FC岐阜!残留決定!

Image title


今日の「FC岐阜 Road to Dream」は、11月20日(日)に、ホーム「長良川競技場」で行われたシーズン最終戦となる東京ヴェルディ戦で、我らがFC岐阜が4-2で逆転勝利し、残留を自力で決めた後の、サポーターや、選手の喜びの声をお届けします!

この日は、シーズン最多となる1万2千人の来場があった長良川競技場。

Image title

FC岐阜は、前半、2度のリードを許すものの粘り強く追いつき、2-2で迎えた後半、FW 難波宏明選手の2ゴールが決まると、スタンドの熱気は最高潮!

Image title

スタジアムが大きな歓声に包まれました!

私もこの日はゴール裏で観戦していたんですが、選手の気迫が伝わるプレーを見ながら、前半から号泣(笑)

周りのサポーターさんに泣くのはまだ早いですよと、突っ込まれまくりでしたが^^;

それだけ感動するベストゲームでした!

中でもこの日、2得点を決めた難波選手のゴールに感動したというファンやサポーターの皆さんが、すごく多かったんですが、そんな難波選手に、試合後、突撃インタビュー!

Image title


喜びの声と、リクエスト曲もお聞きしました。

曲はサザンオールスターズの「波乗りジョニー」

この波に乗り、まさに、この日が開幕と思って、来季は、いい結果が出せるようにしたいとリクエストして頂きました。

そして、ぶっちゃけ、自分自身も勝てるかどうか、ハラハラしていたと本音もポロリ。ここまで、1得点しかしていなかった、うっぷんも、晴らすことができたと、ホッとした表情だったのが印象的でした。

さらに、この試合は出場せず、スタンドでみていた、チーム最年長のGK 高木義成選手からは、来季は、プレーオフを狙える位置で戦っていきましょう!との力強いコメントも頂きました。

最終戦の戦いぶりは見事でしたが、今季のほとんどの期間は低空飛行だったFC岐阜。

チームワーストの7連敗や、監督の途中交代等、苦しかった今シーズン、チームを引っ張ってきた、キャプテン 高地系治選手にもお話を伺うことができました。

Image title

高地選手の「良い時があれば悪い時もある。その中でも、何かを変えていこうという前向きな気持ちでやれたことが残留への分かれ道だった。若い選手にとっても良い経験になった。ただ、まだまだな部分も沢山あるので、来年も一緒に頑張りたい」と仰っていた言葉にじーんとしました。

最終戦後、ほどなくして、高地選手の退団が発表され、驚きと寂しい気持ちでいっぱいになりましたが、高地選手が岐阜に残してくれたものを大切に受け継いでもらいたいなと思います。

沢山のサポーターがみんな笑顔になった最終戦。

Image title


喜びの声を沢山、聞かせて頂きましたが、

Image title


その中で、FC岐阜 応援マネージャーの伊藤寧々ちゃんにもお話を伺えましたよ!

Image title

そして、番組テーマソングにもなっているFC岐阜 オフィシャルサポートソング「ドリーマー」を歌う岐阜のレゲエアーティスト、G2さんとメガフォンさんの喜びの声も聞かせて頂きました!

お二人が歌う応援歌も選手の力になったことは、間違いありません。

Image title

最終戦後は、吉田恵監督の退任が発表されたり、選手の退団が発表されるなど、サポーターには辛い知らせが届いていますが、残留を果たすため必死にもがき苦しみながら戦ってくれた監督、スタッフ、選手の皆さんには感謝しかありません。

こういう試合をもっと早くしてくれればと言う方もいますが、もっと、これだけ沢山の声援を送ることができたらと思えてなりません。

Image title


今季は、本当に苦しいシーズンでしたが、FC岐阜が地域にとって必要な存在であることを思い知らされた一年でもありました。

是非、来シーズンも、J2の舞台で、選手と共に一丸となって戦い、来年こそは、上位争いで、ハラハラドキドキしましょう!

Image title


FC岐阜 Road to Dreamでは、オフシーズンも、選手の皆さんをゲストに迎えてお届けしていきます。

2016シーズンは終わりましたが、これからも、引き続き、お楽しみください(≧∇≦)


< 一覧へ戻る