BLOG

GIFUコレ!情報局42

2016.12.29

八百津町 廃校から生まれるオンリーワン!

GIFUコレ!情報局42


■八百津町 廃校福地小学校プロジェクト■

八百津町の福地という地区では、

「廃校が生まれ変わる、福地小学校再生プロジェクト」と題して、

2010年に廃校になった福地小学校の校舎を再利用し、

農業や工房が営まれています。


まずご紹介したいのは、えごま油づくりです。

生産者の吉田ヒデヒトさんが、澄んだ空気と清らかな水が流れる福地の地で、

無農薬・無化学肥料でえごまを生産しています。

えごま油本来の黄金色とさらっとしたなめらかさが特徴で、

美容と健康にうれしい成分がたっぷりです。

Image title

きぷらす工房という木の工房があります。

きぷらすとは、「木+(木にプラス)」の意味で、

「木」と「何か」を組み合わせることで、

「新しい価値を生み出し、新たな出会いを広げたい」

という代表の小嶋さんの思いが込められています。

現在この工房で大人気なのは、木製の「オリジナルiPhone用ケース」です。

お子様が描いた絵、座右の銘、家紋やお気に入りの写真など、

まさに世界に1つだけ!オリジナルデザインのケースをつくってもらえます。

Image title

この福地小学校の使い方をコーディネートしている

「山ちゃん」という方が、標高600mという福地の澄んだ空気と

きれいな水を活かして、安心・安全にベストをつくしてお米をつくっています。

Image title

・購入方法

それぞれのHPから購入することもできますが、

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の八百津町のページなら

全てご覧いただくことができます。

ふるさとチョイスのHPで「八百津町」と検索してみてください。



< 一覧へ戻る